キャッシングの審査で重要視されるポイントについて

急な出費に便利なキャッシング。即日融資が可能な事など利便性が高く、利用者は年々増加しています。そんな便利なサービスでも、審査を通過する事が出来なければ利用する事が出来ません。そこで今回は、キャッシングの審査で重要視されるポイントについてご紹介したいと思います。

基本的な条件について

基本的に各金融機関では申し込み条件を設定しています。内容は主に、年齢が利用条件にあてはまる年齢であることや、仕事をしているなど安定した収入があること、そして運転免許証や健康保険証、あるいはパスポートなどの本人確認を行う為の書類が必要となります。又、印鑑や保証人、担保は不要となっています。これらの基本的な条件が揃って審査を通過する事ができれば、会社員や個人事業者、さらには主婦や学生、パートやアルバイトなどの方でも利用が可能です。

審査の仕組みについて

キャッシングの審査では、利用者のさまざまな要素を考慮して審査する与信スコアリングシステムによって判断される事になります。これは勤続先や勤続形態、勤続年数や年収などの属性に基づく判断と、他社からの借入額や支払い状況といった信用情報を基に点数化して、融資が可能かどうか、いくらまで貸出できるかなど判断します。例えば他社の借入が多かったり、遅延が多い場合には点数が低くなってしまい審査通過は厳しくなります。

重要視されるポイント

審査において安定した収入があるという事は、審査基準のなかでも最も大切です。併せて、社員なのか、契約社員なのか、それともアルバイトやパートなのかといった雇用形態も関係してきます。さらには勤続年数も審査において大切なポイントとなります。ちなみにキャッシングでは申し込み者の勤務先確認の為の在籍確認を行う事からも、収入の状況確認というものは審査において重要な要素といえます。ですので、たとえ年収が低くても、正社員で勤続年数が長く真面目に働いていると判断されれば有利に進める事ができます。

信用情報と他社からの借入状況

申し込み段階での他社からの借入件数や金額はもちろん、過去の借入状況や返済状況も重要なポイントになります。たとえ返済を完了していても、幾度となく返済が怠っている場合にはマイナス要素になってしまいますので注意が必要です。たとえ年収が多くても、信用情報に延滞の記録など多くあれば審査を通過する事は難しくなります。又、借入件数が多い場合も注意が必要です。これはノンバンクと呼ばれる消費者金融のキャッシングでは、貸金業法における総量規制の対象に該当します。この為、基本的には年収の3分の1を超える借り入れがある場合には、これ以上融資を受ける事は厳しいといえます。

キャッシングの審査は様々な項目より判断される事になります。色々と細かな基準はありますが大切な事は、きちんと返済できるかどうかを伝える事が大切であり、決してウソの申告は行ってはいけないという事です。

消費者金融の得をする点

キャッシングやカードローンを利用する際には、何が何でも銀行カードローンを利用したい、と考えている方も多いでしょう。しかし、場合によっては、消費者金融を利用した方がいい場合、というのがあります。今回は、それぞれの場合について、消費者金融を利用すべきケースについてご紹介します。

すぐにでもお金を借りたいというケース

これまでの消費者金融の売りは、何と言っても即日融資でした。もちろん、これは今日の消費者金融も十分に売りとしている、大きなメリットの一つですが、即日融資自体は銀行カードローンでも利用できるようになっています。ですから、即日融資に拘る、というのであれば、消費者金融でも銀行カードローンでもあまり変わりありません。ですが、それでもやはり、すぐにでも借りたい、というのであれば、消費者金融を利用すべきだと言うのは従来の通りです。そのように言えるのも、消費者金融の方が、審査通過率が高いからです。つまり、銀行カードローンでは審査に落ちてしまう確率が高く、消費者金融の場合は、即日融資はもちろんのこと、審査に通過できる可能性が高いのです。借入をしたい、という気持ちが強ければ、銀行カードローンはできるだけ避けた方がいいと言えるでしょう。

フリーターやパート、水商売で働いているケース

これらの職業は、キャッシング審査における不利な属性と言われています。職業差別のようなことは原則はしないのですが、それでも、収入が不安定なこれらの職業に就かれている方は、少しお堅い銀行カードローンからすると、なかなか審査に通し辛いのです。逆に、消費者金融の場合は、収入がしっかりとあって、返済ができると判断されれば、不利な属性が多少あったとしても、審査に通過できる可能性は高いです。そのあたりも、前述した審査通過率の高さに関わっている事でしょう。

少額融資を希望するケース

銀行カードローンは金利率が消費者金融と比べると、確かに小さく設定されています。それは高額融資であっても、少額融資であっても同じです。しかし、そのために、銀行カードローンは少額融資には消極的な考えを持っています。少額融資の際は金利率が高くなりますが、その分借入金額が小さくなるので、金利として回収できる儲けが比較的小さいです。銀行カードローンはただでさえ、金利率が小さいのでしから、少額融資の際の儲けは圧倒的に少ないですし、それならば、高額融資を希望する方を優先した方が、儲けは十分に出ます。ですから、少額融資を希望する方は、あまり受け入れないのです。そこの需要を埋めたのが、消費者金融という訳です。ですから、消費者金融は少額融資を希望する方を積極的に受け入れます。ですので、少額融資を希望する場合は、借入できる可能性が高いと言えるのです。以上から、少額融資を希望する際は、消費者金融が向いていると言えるでしょう。

銀行カードローンに拘り過ぎないことが大切

確かに、消費者金融はこれまでに大きな問題を起こしたこともあるので、社会的な信用も高く、金利も安い銀行カードローンを利用したい気持ちはわかります。しかし、何度も何度も審査に落ちてしまっていると、今後の審査に悪影響を及ぼしてしまいかねません。ですので、銀行カードローンで借り入れをすることができなく、今回挙げたようなケースに該当するのであれば、おとなしく消費者金融を利用した方が、借入ができる可能性が高くなるので、そうした方がいいと言えるでしょう。